VENTO History

VENTOの歴史

1950年の創立以来、私たちは50年間ずっと企業の経営理念である「誠実と信頼、よい品質、サービス、イノベーション」を貫いてきました。そして1972 年新ブランドALASKAを立ち上げ、製造、設計そしてサイレントファンと天井扇等の生産を始めました。おかげさまで良い製品を台湾国内外に提供し、全世界から好評をいただいております。私たちはよい品質と、絶えずイノベーションを起こすことこそ、企業が永続的に経営できるキーポイントだと考えております。ですので、最新の研究開発設備やテストマシーンへの投資を躊躇せず、作業も全て電子化になっております。また、日本の企業と技術提携し、研究開発の過程からよい製品を生み出し、全てのお客様に品質のよい品と生活文化の向上を提供していきます。以上の理念を製品の研究開発に注ぐことこそ、お客様に最高の品質とサービスを提供することができる、これが私たちのモチベーションです。今後は、モチベーションを維持しながら、絶えず進歩しつつ、革新的なアイデアと良い製品を研究開発し、お客様と共に成果を分かち合いたいと考えております。

劉炎生氏が独資で生原鉄工場を創立し、主に扇風機を生産。二年目にはスタンド扇及び各種扇風機を生産、台湾全土に販売開始。

積極的に海外の扇風機及びニットマシン市場を開拓し、ALASKAというブランドで全世界に知れ渡る。

共同出資から株式に変更し、組織名を生原家電株式会社に変更。故劉正達氏が会長に選ばれた。

立原家電株式会社を設立し、インテリア用の天井扇生産開始。

生原家電株式会社が日本の有名なメーカーと技術提携し、サイレントかつ効率の高い換気扇を生産。

アメリカL.Aにて子会社ALASKA ELECTRIC CORP (U.S.A)を創立。天井扇のアメリカでの販売及びアフターサービスを担当。

生原家電株式会社はO.D.M.形式で日本の有名なメーカーと共同で掃除機の生産を開始。

直立型窓用換気扇、発売と共に話題になる。

台湾ローカルブランド「VENTO」の海外進出と企画開始。

六月一日に上海徐匯区にて上海芬朵株式会社を設立。

六月にFioreフィオレ、Soleソール、Libellulaリベルラなどのシリーズが台湾ゴールデンピンデザイン賞を受賞し、九月に第六回アジアブランドセレモニー~イノベーションブランド部門金賞受賞及びイノベーションブランド中華企業青年賞、(香港)アジアブランド協会創会理事に就任。

六月にFino²フィーノ2、Melaメラ、Uraganoウラガノシリーズが台湾ゴールデンピンデザイン賞を受賞しました。また、十月にはUraganoウラガノシリーズが日本のグッドデザイン賞を受賞しました。

Belle epoqueベル・エポック、Nestroネストルシリーズが台湾ゴールデンピンデザイン賞を受賞しました。

PAGAIA パガイアシリーズがドイツIF デザイン賞を受賞しました!

デザイナーコラボ – SWISHシリーズが台湾エクセレンスデザイン賞を受賞しました。